どうして出来るのか

たるみの原因に、肌のハリに必要なコラーゲンやエラスチンなどの減少や肌の乾燥などがあります。

 

コラーゲンなどの肌のハリに必要な栄養素が不足するのは加齢や紫外線などによって、活性酸素が繊維芽細胞にダメージを与え繊維芽細胞が減少することが大きく関わっています。皮膚の真皮層にある繊維芽細胞がコラーゲンなどの成分を作っています。しかし、繊維芽細胞が減少すると必要な成分を生成することができなくなり、肌のたるみとなって現れてきます。この繊維芽細胞を減少させないためには、活性酸素を増やさないようにすることが必要になります。

 

この活性酸素を増やさないようにするには、紫外線になるべく浴びないことや抗酸化作用のある栄養素を摂取することも有効的な手段です。この抗酸化作用の強い栄養素にアスタキサンチンがあります。

 

アスタキサンチンは、抗酸化作用のあるβカロテンより数倍から数十倍の抗酸化作用があると言われています。この抗酸化作用によって、活性酸素を除去してくれます。また、肌の乾燥にも注意が必要です。肌の乾燥や潤い不足を解消するのに、お風呂がとても有効です。お風呂上がりの肌は水分がしっかりと補給されています。

 

 

しかし、お風呂上がりの肌は乾燥しやすいので、すぐに保湿をする必要があります。この他にもお肌には生活習慣が大切で、栄養バランスを考えた食事や、十分な睡眠や適度な運動を行うことで、体が健康になり顔のたるみの改善になります。